スムージー粉末の安全性は?

気軽に飲めるスムージー粉末ですが、粉末に加工する際に添加物などが入っていないか、安心して飲み続けることができるのか心配な方も多いと思います。今回は、スムージー粉末の安全性についてご紹介します。

 

食品なので危険性はあまりない

 

スムージー粉末は食品のため、短期間で劇的な効果がない一方で大きな危険もありません。野菜や果物の栄養素を抽出した飲み物なので、普段食べている食事とあまり大差はありません。

 

アレルギーの方は要注意

 

スムージー粉末には様々な野菜や果物が使用されています。また、粉末に加工する際に他の成分も含まれている場合があります。

 

これらの成分に対しアレルギーを持っている方は要注意です。健康や美容に良いからといって飲んでしまいアレルギー症状が出てしまってはせっかくの効果も台無しです。

 

また、アレルギーは場合によって重篤な状態になる時もあるので、アレルギー持ちの方は要注意です。購入前には必ず成分表を確認しましょう。

 

原材料の危険性

 

スムージー粉末は簡単に作れる代わりに原材料が選べません。その原材料に、身体にとって危険なものが含まれている場合があります。

 

例えばほうれん草が入っている場合、ほうれん草をどのように加工して使用しているかを確認しましょう。ほうれん草は生の状態ですとシュウ酸という成分が含まれています。シュウ酸は発がん性や尿路結石の原因になる成分なので、ほうれん草を食べる場合は必ず過熱が必要です。ほうれん草が含まれているスムージー粉末で、加工方法が分からない場合は使用を避けた方が良いでしょう。

 

また、梅も生のまま使われていたら使用を避けましょう。生の梅にはアミグダリンという毒素が含まれており、場合によっては重症に至る危険な成分です。

 

火を通すなどの加工をすることでアミグダリンは消えますが、加工していない梅を使用している商品の場合は注意が必要です。