スムージー粉末と手作りスムージーの違い

スムージーは果物や野菜を凍らせ、丸ごとミキサーで粉砕して作る飲み物です。お店で買うこともできますが、自宅で作ることで自分の好きな味や目的に合わせた材料選びをすることができます。

 

しかし、自宅で作る場合、材料を凍らせるなどの手間がかかってしまい、中々手が出せないという方も多くいます。そこで気軽に使用できるものとして、近年人気を集めているのが「スムージー粉末」です。

 

スムージー粉末とは

 

スムージー粉末は、名前のとおり粉末状に加工されたスムージーです。粉末状になっているスムージーの元を容器に入れ、液体と混ぜるだけで簡単に作ることができます。手間がかからず簡単に作れるのがスムージー粉末の特徴です。

 

普通のスムージーとの違い

 

スムージー粉末は、普通のスムージーとは違い果物や野菜の栄養素を抽出した栄養素です。粉末に加工する際に他の成分が加えられるため、普通のスムージーより栄養面では劣ります。

 

また、自分で作るスムージーとは違い売られている味が限られているので、自分好みの味に加工したり好きな材料を選ぶことができません。

 

メリットとして、スムージー粉末は手軽さと保存面、材料費が普通のスムージーより良いと言われています。まず手軽さは、材料を一々買いに行く必要がなく、混ぜる容器だけを洗うだけで片付けが楽です。

 

保存面でも、スムージー粉末はすぐに作れるため、作り置きする必要がなく長期間手軽に続けることができます。価格面でも1杯あたり200円前後と安く済みます。